疲労回復、慢性疲労症候群のことならみやもと薬品店へ。痔について。
Tel/Fax 0729-54-2155 健康維持本舗 みやもと薬品店 健康維持のことなら健康維持本舗へ サイトマップ

HOME > (健康維持本舗 >健康維持と胃腸薬

健康維持と胃腸薬


杞菊地黄丸JPS 杞菊地黄丸JPS 杞菊地黄丸JPS
ファイバーコート ガロールエース パンシロンN10
杞菊地黄丸JPS 杞菊地黄丸JPS
ザ・ガード 即効丸

胃腸の働き

胃では、食べ物を一旦貯蔵してから、消化に重要な胃液を出します。
体に栄養分を吸収しやすい様、食べ物である固形物を細かく分解させる臓器です。
胃の中が空の時は胃液の分泌はほとんどありませんが、食事をとると胃腺から盛んに分泌されま

す。
1回の食事で約コップ3杯分の胃液が分泌されます。
なお、胃自体が胃酸(主として塩酸)で消化されないのは、絶えずアルカリ性の粘液が出ていること
で胃壁を守っているからです。

そして腸は、小腸と大腸に分けられます。
小腸の働きは消化と吸収で、大腸は水分の吸収とふん便の形成であります。
小腸は、十二指腸、空腸、回腸とに分けられます。
また、小腸から分泌される消化液には、糖分・タンパク質・脂肪の分解酵素が含まれています。
マルターゼ、ラクターゼ、インベルターゼ、リパーゼ等の酵素です。
マルターゼ(α-グルコシダーゼとも言います)は麦芽糖(マルトース)を加水分解して2分子のブドウ
糖(グルコース)にします。
デンプンを消化するには、アミラーゼによって麦芽糖に、さらにマルターゼが作用しブドウ糖に加水分
解します。 インベルターゼは、ショ糖(スクロース)をブドウ糖と果糖(フルクトース)にします。
余談ですが、生体内に吸収した余分なブドウ糖は、縮合重合させ、グリコーゲン(動物デンプン)とし
て蓄えます。
リパーゼは、脂肪を加水分解して脂肪酸とグリセリンにします。
小腸は長く約6mありますが、大腸は短く約1.5mなのです。
小腸で時間をかけて栄養素を分解・吸収した後のかすである「ウンチ」はさっさと出して!!
と長さの違いから体が言っているかのようですね。
、昔から腸は肌の鏡と言われている様に、腸の働きが悪いと肌に現れてくる ということです。栄養素の消化吸収と、排泄を順調にこなす為に、胃腸はきちんと整えておきたいも のです。

下痢について

便の中に含まれる水分が腸内で十分に吸収されず排泄されてしまうのが下痢です。一過性の下痢の場合は、体を冷やさないようにして、暖かい野菜スープなどで失われた水分や栄養素を補給しましょう。もし、腹痛や嘔吐、発熱、血便などを伴うときは食中毒や伝染病が原因とも考えられます。「いつもと違う・・」と感じたときは自己判断せずに医師の診断を受けましょう。

便秘について

便秘には、器質性便秘、一過性便秘、習慣性便秘の3種類があります。器質性便秘は、大腸に病気があって腸管が狭くなっているような時に起こる便秘です。一過性便秘は、旅行に出掛けたり、ストレスで腸の緊張が高まった時など一時的に起こる便秘です。
  便秘の中で最も多いのが、習慣性便秘で,その原因は大別して3つに分けられます

●弛緩性の便秘:大腸全体の動きが悪く、便を送り出す蠕動(ぜんどう)運動が弱くな るために起こる便秘で腸管での通過時間が長くなり、その間に必要以上の水分が吸収され、便が硬くなります。

治療薬としては、腸の蠕動運動を高め排便を促すセンナ、センナの主成分であるセンノシド、ビサコジル、ダイオウ、アロエ等が使われます。

●けいれん性(緊張性)の便秘:大腸の運動が激しすぎ、腸の異常な動きのために、便をスムーズに送り出せず、便秘になりこのタイプの便秘は、 食後におなかが痛くなるのが特徴です。強い便意は起こりますが、 ウサギの糞のようなカチカチ、コロコロした便や細い便しか出ず、 便が出きらない感じの残便感もあります。

治療薬としては、上記の蠕動運動を高める成分は使えません。便秘を一層悪化させる可能性があります。水分の塊を腸内で作り自然に近い形で排便を促進するマグネシュウム製剤や腸内で水分を吸収して膨張する事により自然な腸の蠕動を促すプランタゴ・オバタ種子製剤が有効です。

●直腸性の便秘:たまっているのに感じない慢性のタイプで、直腸 の神経が鈍くなって直腸に便が送り込まれて便が直腸のところまで下りてきているのに、かなか出てくれ ない。これが直腸性便秘です。その原因は、便意があるのに、朝トイレに行く時 間がなかったりして、排便を我慢する事が多かったり、また便秘解消のために浣腸を繰り返し 直腸に強い刺激を与え続けていると、ちょっと やそっとの刺激では直腸の神経が反応しなくなってしまいます。

治療薬としては、水分の吸収を阻害する作用(便を軟らかくする)とともに選択的に大腸の蠕動運動を促進することにより、直腸部分への排便サインを出すピコスルファートナトリウムが使われます。

 

便秘にならないために

●規則正しい排便習慣をつける。

●便の量を増加させ、適度の刺激を加えるために第一に繊維の多いい食品を摂る
  繊維の多い食品は玄米、麦、味噌、豆類、海草、野菜、芋、こんにゃく

●水分を多く摂取する事や牛乳を摂取する事を心がける。

●腸内細菌のバランスを良くするために乳酸菌を摂取する。

●ストレスを解消するよう心掛ける。

 

ページの先頭へ