疲労回復、慢性疲労症候群のことならみやもと薬品店へ。皮フ・お肌の疲労回復について。
Tel/Fax 0729-54-2155 健康維持本舗 みやもと薬品店 健康維持のことなら健康維持本舗へ サイトマップ

HOME > (健康維持本舗 > 皮フ・お肌の疲労と健康維持

皮フ・お肌の疲労回復

皮フ・お肌は常に紫外線やストレスにさらされており、いろいろなスキントラブルが発生します。こちらでは、お肌を守り、足りないものを補うことでお肌の疲れを回復するための情報をご紹介します。

お肌疲れていませんか?

  • お肌が紫外線にさらされると、日焼けによるしみ・そばかすの原因に。また、乾燥して肌荒れを起こします。
  • 汗、空気の汚れ、冷たい風なども、お肌を乾燥させたり、トラブルのもとになります。
  • 仕事のストレスや疲労、睡眠不足、不規則な食事や栄養の偏りなども、お肌のトラブルの原因となります。

トラブル肌の状態

特に乾燥肌(ドライスキン)・荒れたお肌はいろいろなスキントラブルを引き起こします。

皮ふお肌の疲労回復 図
  • 乾燥肌、荒れたお肌では細胞間脂質が少なく、水分が蒸発してスカスカになってしまいます。そのため、ほこりやダニ、細菌などが侵入してアレルギー反応を引き起こし、炎症や痛みが生じます。
  • アトピー性皮膚炎は、乾燥肌(ドライスキン)を黄色ブドウ球菌が刺激することにより、悪化して発症すると考えられています。
  • 秋から冬にかけてお肌にはかさつきが起こります。それは、冷たく乾燥した空気により、肌の水分が蒸発しやすくなり、また、寒くなると体温の低下を防ぐため、皮膚表面近くの血流量が減り、皮脂やセラミドの生産量も減ってしまうからです。保湿の主役ともいえる、角質細胞間脂質のセラミドを補うことが大切になります。

セラミドの働き

セラミドは、角質細胞間脂質の中で、層状に並んでいる角質細胞のすき間にあります。水と結びつき、サンドイッチ状の構造を作って、水分を閉じ込めるため保水力が高いのが特長。また、角質細胞同士をつなぐ性質を持つため、細胞同士のすき間を埋め、外部刺激の侵入を防ぐ働きもあります。

ページの先頭へ