疲労回復、慢性疲労症候群のことならみやもと薬品店へ。急性・慢性疲労回復について。
Tel/Fax 0729-54-2155 健康維持本舗 みやもと薬品店 健康維持のことなら健康維持本舗へ サイトマップ

HOME > 健康維持本舗 > 急性・慢性疲労と健康維持

急性・慢性疲労と健康維持

こちらでは、急性・慢性疲労についてご紹介します。各疲労のタイプやその特徴をはじめ、疲労回復方法などを掲載しておりますので、ご参考にしてください。

 

杞菊地黄丸JPS 杞菊地黄丸JPS 杞菊地黄丸JPS 杞菊地黄丸JPS
ドックマン リコリス小児用 プラセンタ源 双参
杞菊地黄丸JPS 杞菊地黄丸JPS 杞菊地黄丸JPS
補腎片 リコリス 補中益気湯  
杞菊地黄丸JPS 杞菊地黄丸JPS 杞菊地黄丸JPS
マムシホルモ マムシドリンク ロクジュオウ

 

急性疲労について

急性疲労とは一般的に、肉体疲労時にみられる一過性の疲労のことです。この状況が改善せず、疲労感が続くと慢性疲労になります。

慢性疲労

慢性疲労とは、肉体疲労や精神疲労が回復されないまま、少しずつ蓄積された疲労のことです。半年以上、自覚的な疲労感や倦怠感が続く場合を指します。
慢性疲労を放っておくと免疫力が低下し、様々な病気を引き起こします。

慢性疲労症候群   詳しくはこちら

著しい倦怠感や疲労感が長期間続く病気を慢性疲労症候群といい,単なる慢性的な疲れではなく、免疫系。内分泌系・神経伝達系にかかわる治療が必要な病気です。発症時の年齢は20代半ばから30代半ばまでが最も多いようです。

疲労感のほか、リンパ節の腫れ、微熱、のどの痛み、頭痛、関節痛、筋肉痛、睡眠障害、記憶障害、集中力の低下、原因不明の脱力感など、様々な症状を複合的に発症します。
発症の原因がはっきりしないため、診断法が確立されていない点も、この症状の特徴です。

最近の研究で漢方薬の補中益気湯にビタミンB12、ビタミンCの併用が有効であるとされています。

ただ慢性疲労症候群は、ストレスと結びつきの強い病気なので精神疾患とのかかわりをみて治療を進める事が大切のようです。

疲労のタイプ

気疲れタイプ

ストレス、精神的な疲れ、イライラ、不眠、怒りっぽい、目が乾く、疲れやすい、足がつりやすい

肉体疲労タイプ

仕事、運動疲れ、急な運動、無理をしたことによる疲れ、動機・息切れ、不安感・不眠

食欲不振タイプ

食欲不振、食べると眠くなる、軟便・下痢傾向、油もの・冷たいものを好んで食べる

慢性疲労タイプ

長期間疲れがとれない、日中(特に午後)からだるい、朝起きづらい、足腰がだるい

急性・慢性疲労の回復方法

まず、疲労回復物質をとることです。バランスのよい食事を心がけましょう。

エネルギーの算出を高めるもの
ビタミンB1 豚肉、のり、大豆、お米、米ぬか etc
クエン酸 リンゴ酢、黒酢、梅干 etc
コエンザイムQ10 牛肉、いわし、ほうれん草、ピーナッツ
エネルギー源となるもの 大豆、まぐろ、牛肉、豚肉、卵 etc
アミノ酸 大豆、まぐろ、牛肉、豚肉、卵 etc
疲労原因のひとつである活性酸素を除去するもの

ビタミンC

ビタミンE

 

レモン、さつまいも、パセリ、ブロッコリー etc
※ コエンザイムQ10・α-リポ酸にもこの効果があります。
貧血を回復するもの
鉄分 のり、ひじき、ハマグリ佃煮、あさり佃煮、ごま、豚肝、抹茶 etc
その他
生薬主薬製剤や生薬成分含有の漢方薬にも高い効果が期待されます。アロマセラピーとして、青葉アルコールや青葉アルデヒドによる「みどりの香り」がいいとされています。
また、十分な睡眠をとることも疲労回復にとっては大切。気分転換のために趣味や入浴を楽しんだり、適度な運動を行ったり、マッサージで体のこりをほぐすのもおすすめです。栄養ドリンクなども定期的に摂取するよう心がけましょう。

疲労回復本舗オススメ商品

以下に当本舗オススメの元気維持に良い健康食品を御紹介します



ページの先頭へ