疲労回復、慢性疲労症候群のことならみやもと薬品店へ。急性・慢性疲労回復について。
Tel/Fax 0729-54-2155 健康維持本舗 みやもと薬品店 健康維持のことなら健康維持本舗へ サイトマップ

HOME > 健康維持本舗 >プロメイト

超高電位治療器 プロメイト

 

この度 高電位治療器を設置いたしましたので御案内いたします

生体電子治療器であなたの痛いを軽減しましょう

痛い部分にパッドを当て治療いたします。1回30分 靴を履いたまま 座って頂くだけでOKです

何回 座って頂いても 無料です。毎日 通って頂くのが 痛みを早く取る秘訣です

一台で対応させて頂いているので 御電話で 予約頂ければベストです。

 

高電位治療器とは

電極間又は、電極からアースの間に高電圧をかけて電界を発生させ、その中に人間のからだを置くことで治療する医療機器である。

高電位療法はその言葉の意味するように、地球表面の電位(零電位)に対して所定の電位(1100ボルト〜14000ボルト)を生体にかける医療機器を使用した物理療法のひとつです。高圧の交流電界によって作り出された電界の中に身体を置くことで健康の増進や病気の治療に大変効果があります。私たちの身体には最適な状態にバランスを保とうとする力(生体恒常性)が働いていますが、ProMate【プロメイト】はこの生体恒常性をさらに高める医療機器です。この作用を最大限に活用し、生体本来の持つ自然治癒力を高め、部分的な痛みなどの緩和にとどまらず、不定愁訴の緩和や自律神経の調整など全身的な治療を新しい発想で治療を行おうとするものです。

全身療法を主とするProMate【プロメイト】は、最もリラックスした姿勢で加療することが極めて特徴的で ゆったりとくつろぎながら使用できる治療器です。

温泉につかったときに緊張がほぐれていくように、ProMate 【プロメイト】が全身にくまなく作用し、ゆるやかに効果をあげていきます。

高電位治療器は、マイナスイオンを大量に発生し、それが座っている自分の体内に入っていきます。
つまり、血液の質を変化させているわけです。

「病気というわけじゃないけど、なんか調子良くない。」「辛い痛みがあって困る。」「将来、さまざまな病気になるのが心配。」など、健康維持・病気予防・症状緩和のためにも用いられています。
厚労省の認めた効能として肩こり・頭痛・不眠・慢性便秘と4つに限られていますが、
血液や自律神経などの電気的な環境を整えるので、これ以外にも慢性的な症状や病気に効果があります。
しかし、1回限りでは効果がありません。
血液のイオンのバランスを健康的に保つことは、病気の予防になるし、病気や痛みなどの症状の改善にもいいですが、「劇的な効果」というのはありません。

私たちの生活というのは常に、血液中のマイナスイオンを減らしています。普通に毎日生活してストレスを感じたり疲れたりしながら、いつもイオンのバランスを崩しています。
それを戻しているのが、毎日の睡眠です。眠ってもなかなか疲れが取れなかったりスカッとしない方は、血液の話でいえば1日で失ったマイナスイオンを一晩で取り戻せていないということです。
だから、血液のイオンのバランスが毎日少しずつくずれていくのです。

これを高電位治療器は食い止めてくれます。
なので、できれば毎日1回ずつ習慣的に治療器に座って血液を調節するのが理想です。失われたマイナスイオンを治療器で取り戻す、また1日かけて減ったマイナスイオンを次の日も治療器で取り戻す。
こうやって、15日間くらい続けていくと、血液はだいたい1日中イオンのバランスが良い状態で安定していきます。どうしてそんなに時間がかかるのかというと、人間の体の新陳代謝のペースが15日間くらいだからです。

長く感じられるかもしれませんが、私たちはもっと長い時間をかけて自分の体を酷使してきました。
その悲鳴が少しずつ出始めてきているのです。それをいっきに治してしまおうというのはそもそも無理な話です。健康なうちに、将来の病気を予防することが大事です。

鍼やマッサージで外側から、高電位治療器で内側から病気や症状にアプローチしていくことにより、より健康維持・病気の予防・症状の緩和に効果的です。

体のすべての筋肉が動くのは、生体内の電気的な刺激によっておこっており、神経や脳波も生体内の電気刺激によって機能しています。
そればかりではなく、生体内の電気的な刺激は、私たちの体が自分自身を常に健康な状態に保とうとする生理機能(恒常性)にも重要な役割を果たしています。
つまり、体内の電気的な環境を整えておくことは、病気予防にはもちろん、病気を治そうとする体の力を強く元気にしてくれるということです。
生体内の電気的な環境を健全に保つということは、簡単にいえば、体内のプラスイオンとマイナスイオンの良好なバランスを保つということです。
体内のイオンというのは血液に含まれているものなので、『血液を良好な状態にしておくこと』が健康のカギということです。
具体的にいえば、血液中にプラスイオンが増えれば自然治癒力は低下し、体調も悪くなり免疫力も落ち、エネルギーが低い状態になります。こうなると、肩こりや頭痛が起こりやすくなります。

自然の少ない都会で忙しく働いている人たちは、どうしても血液中にプラスイオンが増えくやすい。慢性的な疾患の原因は活性酸素やストレスといわれ、血液中のプラスイオンを増やすことにつながっています。
常に体内をかけめぐって生命活動を維持している血液の電気的環境が悪いことは、毎日の積み重ねで知らず知らずに「本調子ではない」体をつくっていき、結局は様々な症状を引き起こすことになります。
つまり、簡単にまとめてしまえば、血液中にプラスイオンが増えすぎることは不健康の始まりであり、病気の予防や治療の手助けのためには血液中のマイナスイオンを増やすことが大切です。

忙しい現代社会でストレスを受け続けたり、食生活のバランスを崩したり、寝不足で疲労がたまったりすると、なんとなく体調が悪くなっていきます。目が疲れる、肩がこる、腰が痛い、ひざが痛い・・・・・その人の悪いところがとたんに出てきます。あるいはイライラしたりすることが多くなったりします。
そういう全身の疲れが重なって症状が出ているとき、私たちの血液中にはマイナスイオンが少なくなって「体が酸性に傾いている」いるそうです。
体内が酸性に傾くと、体内の電気的な環境がうまくいかなくなり、私たちの体の中の細胞の働きや、神経、ホルモン分泌、筋肉などの働きがとたんに悪くなり、全身の自然治癒力が低下していきます。
その結果、その人の悪いところが出てくるわけです。
これを改善するには鍼やマッサージなどの治療を受けることと、高電位治療器に座ることです。

ページの先頭へ