疲労回復、慢性疲労症候群のことならみやもと薬品店へ。急性・慢性疲労回復について。
Tel/Fax 0729-54-2155 健康維持本舗 みやもと薬品店 健康維持のことなら健康維持本舗へ サイトマップ

HOME > 健康維持本舗 >メタボリックシンドロームについて

メタボリックシンドロームについて

こちらはメタドリックシンドロームについてご紹介します。

 

メタボリックシンドロームとは

健康な状態 喫煙・運動不足          → メタボリックシンドローム

         食習慣のみだれ・過食              ○ 肥満  ○血糖高値

            塩分過剰、カリウム不足、         ○ 血圧高値 ○中性脂肪高値

            飽和脂肪酸過剰摂取            ○HDLコレステロール低値

そして

  生活習慣病  ○高血圧  ○糖尿病 ○高脂血症 ○痛風(痛風腎)など

  心臓血管病  ○脳卒中  ○心筋梗塞  ○狭心症  ○腎不全  ○大動脈瘤

            ○閉塞性動脈硬化症など

                                      を引き起こします

メタボリックシンドロームは内臓脂肪の蓄積によりインスリン抵抗性(インスリンの働きの低下)が起こり、糖代謝異常( 糖尿病)、脂質代謝異常(高中性脂肪血症、低HDLコレステロール血症)、高血圧などの動脈硬化の危険因子が、一個人に集積している状態です。たとえ一つひとつの危険因子の程度が軽くても、重複して存在すると; 動脈硬化性疾患の発症が相乗的に増加するので、高コレステロールに匹敵する強力な危険因子として 近年、世界的に注目されています。
  内臓脂肪が蓄積すると、様々なアディポサイトカイン(脂肪細胞から分泌される生理活性物質の総称)の分泌異常が生じ、そのためインスリン抵抗性や血栓が引き起こされると考えられています。アディポサイトカインの中でも、インスリンの働きを高めたり、抗動脈硬化作用があるアディポネクチンが、内臓脂肪の蓄積により著明に減少します。この低アディポネクチン血症が、糖尿病や動脈硬化疾患の発症に直接関連している可能性があります。

  メタボリックシンドロームへの近道は 「肥 満」です  

メタボリックの診断基準

ウェストの周囲径(へその高さの腹囲)

    男性・・・85cm以上     女性・・・90cm以上   

              ( 内臓脂肪面積 男女とも100平方センチメートルに相当)

ウェスト周囲径に加え、以下のうち、2項目以上が当てはまる。       

     ○中性脂肪 150mg/dl以上 

     ○低HDLコレステロール血症 40mg/dl未満

                      のいずれか、または両方 

     ○収縮期 (最大) 血圧  130mmHg以上

     ○拡張期 (最小) 血圧  85mmHg以上     

                       のいずれか、または両方

     ○空腹時血糖値  110mg/dl以上

  

メタボリックシンドロームの最善の治療法

生活習慣の改善にまさる治療法はない

  ☆適度の運動

  ☆食習慣の改善

     低カロリー食

     減塩食

     カリウムの補給(生野菜)

     カルシウムやマグネシウムなどのミネラルの摂取

     飽和脂肪酸(脂肪)の摂取制限


ページの先頭へ