疲労回復、慢性疲労症候群のことならみやもと薬品店へ。急性・慢性疲労回復について。
Tel/Fax 0729-54-2155 健康維持本舗 みやもと薬品店 健康維持のことなら健康維持本舗へ サイトマップ

HOME > 健康維持本舗 >普通風邪とインフルエンザ

普通風邪とインフルエンザ

インフルエンザ予防対策グッズ

新型インフルエンザとは、人から人へ急速に広がる新しい感染症です。新しいインフルエンザウィルスの抗体を持つ人は居ないので、感染すると必ず発症し、死にいたる危険性が非常に高いウィルスといわれています。いざという時のために、最低限の医薬品や予防対策グッズを備えてください。

     

インフルエンザウィルス除去に:クレベリンスプレー

                    クレンベリン置き型

手指の消毒に:きれいな手

身の回りの消毒に:ウィルスシャット

鳥インフルエンザウィルスよりさらに小さな微粒子をカット:ウィルス感染防御マスク

                                    超防御マスク

 

 

インフルエンザの到来に備えて、普通風邪とインフルエンザの違いを知って頂き、対処予防して頂きたいと思います。

インフルエンザの特徴

1.全身症状が顕著

 インフルエンザはインフルエンザウィルスの感染によって発症するもので、38℃〜40℃程度の発熱、全身倦怠、筋肉、関節などの痛みを伴うなど、強い全身症状が現れる。

 普通風邪は、主にライノウィルスなどのウィルス感染により発症し、のどの痛みや鼻水など上気道の

炎症症状が主で、発熱があっても38℃程度で、重症化することはほとんどありません。

2.潜伏期間が短く、伝染力が強い

 インフルエンザウィルスの潜伏期間は、1〜3日で短く人から人へ感染する速度が非常に速く、飛沫感染または空気感染により感染し、強い伝染力があります。

 普通風邪の原因となるウィルスの潜伏期間は、3日〜7日と長く、基本的には接触感染又は飛沫感染なので伝染力はあまり強くありません。

3.高熱が出る

症状の発現の違い

インフルエンザは急激な発熱(高熱の場合が多い)で発病し、全身倦怠等の全身症状を訴え、同時又はやや遅れて鼻水、咽頭痛などの呼吸器症状が現れます。

普通風邪はまず鼻や咽頭粘膜の異常感や乾燥感が発現し、続いてくしゃみ、鼻水、そして1〜2日経つと鼻閉が強くなるといったような上気道の炎症が主となり、発熱は少ない場合が多い

インフルエンザの発熱は、1〜5才の子供においては40℃以上の高熱になることがあり、成人でも38度〜39度の発熱があり、体力が消耗されるレベルになることがあります。

4.合併症が起こり易い

インフルエンザも普通風邪も基本的には、自然治癒する病気です。普通風邪は、通常一週間前後で治癒に向かいます

インフルエンザは、基本的に発症後2〜3日で熱が下がり始めると、頭痛その他の症状も軽くなり、一週間程度で治癒しますが、咳や全身倦怠などの一部の症状が後まで続く事があります。

ただ、気をつけなければならないのは、インフルエンザの場合、合併症が多い点です。

合併症のうち、頻度、重症度からみてもっとも重要なのが肺炎です。特に65歳以上の高齢者に高い頻度で起こります。一方乳幼児では熱性けいれんを合併しやすく、さらに意識障害の経過が長い場合、脳症への進展例もあるため、注意が必要です。また一過性の低酸素血症が起こり易いため、高齢者や、呼吸器、心臓などの慢性疾患を持つ人は一層注意が必要です。

インフルエンザを予防する

インフルエンザに罹患しない為に

 流行する一ヶ月以上前にワクチンを接種する。たとえインフルエンザに罹ったとしても重症化を防ぐ事 が出来ます。

人の多い場所での感染予防のコツ

 人ごみでのマスクの装着

 外出後のうがい・手洗い・洗顔を行い、皮膚や粘膜についたウィルスを除去しておく。

うがい・手洗い・洗顔のコツ

 うがい薬や石鹸を使えばより効果的です。病原菌の増殖を考え6時間を目安に洗浄すると良いでしょう

 尚 アトピーの方は、御自分に合った洗浄剤をお使いください。十分予防効果があります

その他の留意点

 免疫学的にも抵抗力(体力)の維持には十分な睡眠・栄養が大切です。規則正しい生活を心がけまし

よう

 

こんな時には医療機関を受診しましょう

・インフルエンザの流行期に高熱が出た

・三日間発熱が続く

・のどの痛みが強い

・黄緑色の痰や鼻水が出る

 

養生法

安静と保温が基本です。保温は暑すぎない様にしましょう

・水分を十分摂る。冷やした飲み物は避け、お茶、お湯、室温程度にしたスポーツドリンクなどがよいでし ょう。

・食事は、胃腸が弱っていることが多いので、消化の良い物を控えめに摂り、むりに摂る必要はありませ ん。蜜柑類の摂りすぎに注意しましょう

・タバコは、控えます。

・入浴は、控えましょう。特にシャワーは良くありません。体を冷やすからです。

・薬は お医者様の指示通りに正しく飲みましょう。

葛根湯のおすすめ

罹ったかなと思ったら葛根湯 すばやい服用で風邪を引かなくてすみます。常備薬として御愛用ください

疲労回復本舗オススメ商品

かぜやインフルエンザに罹らないように免疫力(体力)あげる為に

また かぜやインフルエンザに罹ってなかなか体力が戻らない人にお勧めします。

 

 



ページの先頭へ