疲労回復、慢性疲労症候群のことならみやもと薬品店へ。急性・慢性疲労回復について。
Tel/Fax 0729-54-2155 健康維持本舗 みやもと薬品店 健康維持のことなら健康維持本舗へ サイトマップ

HOME > 健康維持本舗 > 排尿障害について

排尿障害について

こちらでは、排尿障害についてご紹介します。一日も早くこのつらい症状から開放されますように・・

杞菊地黄丸JPS 杞菊地黄丸JPS
JPS八味地黄丸 JPS猪苓湯 補腎片

 

排尿障害について

尿の出方についての何らかの異常がある場合です.50歳以降の男性に多い前立腺肥大症や女性に多い尿失禁などが代表的な排尿障害です.また,排尿時の痛みや尿が汚れるなどの症状がある場合には尿路感染症(尿道炎や膀胱炎など)の疑いがあります

症状

(1)刺激症状という尿が膀胱に貯まっている際の症状(蓄尿障害)

トイレが近い(頻尿),夜間何度もトイレに起きる(夜間頻尿),突然尿意を感じてトイレに駆け込みたくなる尿意切迫感、トイレが間に合わない、咳やくしゃみをした時、また重い物を持つなどおなかに力がかかった時などに尿が漏れてしまう尿失禁などの症状です。

(2)閉塞症状という尿が排出される際の症状.(尿排出障害)

尿の勢いがない,尿が途切れる,排尿に時間がかかる,尿が残る感じがある(残尿感),尿をしたいのに出ない(尿閉)などの症状です.50歳以降の男性の場合,これらの症状はすべて前立腺肥大症でも起こりえる症状です.

(3)尿路感染症:オシッコは腎臓で作られ、尿管を通って膀胱にたまり、尿道から体の外に出ていきます。この通り道(尿路)のうちで、腎盂(じんう)に感染がおきると「腎盂腎炎(じんうじんえん)」、膀胱に感染がおきると「膀胱炎」といいます。膀胱炎では排尿痛、残尿感などの自覚症状があります。また腎盂腎炎になると、腰の痛みや高熱尿の出具合が変になる事を排尿障害といいます。
  排尿障害の原因には、尿排出障害では前立腺(せん)肥大症、前立腺癌、尿道狭窄(きょうさく)、膀胱(ぼうこう)頚部硬化症などの膀胱から尿道口までの下部尿路の閉塞による場合と、糖尿病性末梢神経障害、腰部椎間板(ついかんばん)ヘルニア、直腸がん・子宮がんの手術後の神経障害や感冒薬、睡眠薬などの服用による膀胱収縮障害による場合とがあります。
  蓄尿障害では、腹圧性尿失禁、前立腺手術後などの尿道括約筋機能の低下による場合と、脳梗塞(こうそく)、脳出血、多発性硬化症、パーキンソン病、脊髄損傷などの中枢神経障害による神経因性膀胱や過活動膀胱、間質性膀胱炎、尿路感染、膀胱悪性腫瘍(しゅよう)などによる膀胱蓄尿機能障害による場合とがあります。
  排尿障害を呈する男性の患者で、前立腺肥大症は組織学的には40歳頃から始まり、60歳では50%、85歳では90%にみられ、その25%に症状が出現すると言われています。また、女性における尿失禁は健康女性の15〜45%にみられ、加齢とともに増加しています。一般に65歳以上の在宅高齢者の10%、施設入所、病院入院高齢者の50%に尿失禁がみられております。
 

日常生活での注意

男性の場合

前立腺肥大症によって起きる症状を緩和し、生活の質(QOL)を維持するためには、新陳代謝をよくし、血行を改善し、前立腺の腫れを大きくさせないように気をつけましょう

●規則正しい生活を送りましょう。そして御自分の排泄パターンを知っておきましょう。心身ともにリラックスできる時間を1日の中につくり、無理のない生活を心がけましょう。

●1回30分以上のウオーキングを1週間に3日以上行いましょう。非常に効果がある 様です

●便秘になると、直腸にたまった便が尿道を圧迫し、排尿障害が悪化しやすくなりますので便秘にならない様に心がけましょう。

●腎機能の低下や尿路感染や尿路結石の要因にもなってしまいますので、夜間頻尿が不安な人は、夜寝る前にだけ水分を控え、日中はしっかり水分をとるよう心がけましょう。

●アルコールを大量に飲むと、血管が充血して、前立腺にむくみを生じさせ「尿閉」の原因になります。。ビールなら中ビン1本程度、日本酒なら1合弱程度が「適量」だということを忘れずに。

●排尿を我慢しすぎると、尿閉の発症や膀胱炎の発症の危険性がありますので、できるだけトイレは我慢しないよう心がけましょう。

●、ぬるめのお湯にゆっくりとつかると、血液の循環がよくなって、排尿障害が緩和されます。特に下半身が冷えると、全身の血行が悪くなり、排尿障害を起こしやすくなります。

●高脂肪、高たんぱくの食生活を続けていると、男性ホルモンの働きが活発になり、前立腺の肥大が進むといわれています。肉食の多い人は、意識して野菜をたっぷりとることが大切です。
また、辛いものや刺激物をたくさん食べると、前立腺が充血し、尿閉を起こすきっかけになる可能性があるので、摂りすぎに注意しましょう。
ビタミンCには、殺菌作用があるので、豊富に含まれた野菜や果物を積極的にとりましょう

●時間座りっぱなしの状態を続けると、骨盤内がうっ血して、前立腺肥大症の症状が悪化してしまうことがあります。1時間に1回は立ち上がり、ストレッチをしたり、歩き回るなど意識してからだを動かすようにしましょう。

●ロートエキスが入った胃腸薬や抗ヒスタミン剤の入った風邪薬、鼻炎薬は症状を悪化させる可能性がありますので薬剤師に御相談下さい。

女性の場合

●身体(特に下半身)を冷やさないようにしましょう。

●便秘に気をつけ、肥満があれば改善しましょう。

●ビールなどのアルコール、お茶やコーヒーなどのカフェイン類、刺激の強い食べ物を控えましょう。
● 水分のとり過ぎに注意しましょう。なお、血管の病気のある方は、主治医とよく相談して水分のとり方を決めてください。
● 適度な運動をしましょう。

●外出時などは、早めにトイレに行くようにしましょう

●膀胱訓練をして自分の排尿をコントロールする力を付けましょう。

  尿意を我慢する練習を、短い時間から始めて、少しずつ時間を延ばしていき、膀胱に尿をためる訓練 をして、膀胱の能力をもとに戻すことで、症状を改善させることができます。

●尿道・肛門・腟をきゅっと締めたり、緩めたりし、これを2〜3回繰り返すことにより 弱った骨盤底筋を鍛え、筋力をつけることで、臓器が下がるのを防ぎます。また、肛門や腟を締める訓練をすることで、尿道を締めることができ、尿漏れの症状を改善できる可能性があります。過活動膀胱や腹圧性尿失禁に効果があります。



ページの先頭へ