疲労回復、慢性疲労症候群のことならみやもと薬品店へ。プラセンタ源のご紹介。
Tel/Fax 0729-54-2155 健康維持本舗 みやもと薬品店 健康維持のことなら健康維持本舗へ サイトマップ

JPS防風通聖散          漢方薬

本剤は脂肪を分解・燃焼して、おなか周りの溜まった皮下脂肪を落とすことに効果を発揮します。気になる肥満の改善にお役立てください。便秘がちな人、むくみが気になる人にも。錠剤タイプの医薬品です。

260錠(約21日分) 定価3,990円(税込)

  販売価格 3,800円(税込)           
3箱で

   販売価格 10,000円(税込)

お問い合わせはこちらから

プラセンタ源

成分・容量など

 
12錠中 防風通聖散料乾燥エキス2.50g含有
トウキ                0.60g シャクヤク           0.60g
センキュウ             0.60g サンシン             0.60g
レンギョウ              0.60g ハッカ               0.60g
ボウフウ               0.60g ケイガイ              0.60g
マオウ                0.60g ビャクジュツ           1.00g
ダイオウ               0.75g ショウキョウ            0.150g
キキョウ              1.00g オウゴン              1.00g
カンゾウ              1.00g セッコウ               1.00g
カッセキ              1.50g 硫酸ナトリウム+水塩       0.75g

上記生薬量に相当する。

用法・用量

成人(15才以上)1回4錠。1日3回。
食前または食間に水又はぬるま湯にて服用してください

※食間とは「食事と食事の間」を意味し、食後約2時間のことをいいます

効能効果

腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちなものの次諸症

高血圧の随伴症状(どうき、肩こり、のぼせ)、肥満症、むくみ、便秘

生薬の働き

トウキ:貧血・血行不良による目眩や冷え症、内寒に働きます。増血作用があります。
      貧血・虚弱からくる気分の不良を鎮め、虚弱からくる自律神経の乱れを調節します。
ショウキョウ:刺激作用によって胃の働きを活発し消化を盛んにし又、刺激作用によって肺部の痰喘・         咳嗽、心臓が悪くない胸苦しさを取り去ります。

ボウフウ:体内の毒を軽い発汗または利尿作用によって体表に追い出し、中毒症を軽減する働きがあ       ります 

センキュウ:温性の強壮薬で貧血性駆オ血剤とし、鎮静、鎮痛の効があり、通例当帰と併用されること        が多いです。

レンギョウ: さまざまな菌体に対して抗菌作用を持っています。
       おできが真っ赤に腫れ底で膿をもっていそうなものに排膿薬として用います。

ハッカ:アレルギー反応によって生じた毒やおできの毒をときほぐす力があります。
     少量使用することによって食欲を亢進させる健胃薬となります。

ケイガイ:発汗、解熱、解毒薬で頭痛やめまい、瘡腫に用います。

マオウ:体力のある人に発汗剤として用います。アレルギー反応の抑制作用があります。
ダイオウ:下剤を服用しても疲労感がない体力の充実した人の宿便を排泄させます。
ボウショウ:実証で便秘をしている方の宿便を軟らかくします。

キキョウ:肺・気管支の熱を解熱する力があります。排膿の作用があります。
       痰を取り除く作用があります。
オウゴン:肺腸の消炎、止血の働きがあり、みぞおちのつかえる感(心下痞)を治します。
      殺菌作用で下痢を止めます。胆嚢から胆汁を腸に絞りだす働きがあります。
カンゾウ:息苦しいなどの急性の症状に使用する。他の薬物の甘草以外のアレルギー反応を抑制する
      消炎作用がある。(咽頭痛に甘草の液でうがいする)副腎皮質ホルモン様作用がある。
カッセキ:胃及び腸感内における胃腸有害物質、過剰な水分粘液などを吸着させることによって腸炎な      どを取り去ります。

セッコウ:腸・肺の熱を冷やします。利尿効果があります。

使用上の注意

してはいけないこと:
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)
1.本剤を服用している間は、次の医薬品を使用しないでください。
   他の瀉下薬(下剤)
2.授乳中の方は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けてください。
相談すること:
1.次の人は服用前に医師または薬剤師に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦または妊娠していると思われる人
(3)胃腸が弱く下痢しやすい人
(4)高齢者
(5)次の症状のある人
   むくみ
(6)次の診断を受けた人
   高血圧、心臓病、腎臓病、甲状腺機能障害
2.次の場合は、直ちに服用を中止し、添付文書を持って医師または薬剤師に相談してください。
(1)服用後、次の症状があらわれた場合

  消化器:食欲不振、激しい腹痛を伴う下痢、腹痛

 次のような重篤な症状が起きることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。

 間質性肺炎:せきを伴い、息切れ、呼吸困難、発熱等があらわれる

 偽アルドステロン症:尿量が減少する、顔や手足がむくむ、まぶたが重くなる、手足がこわばる、

              血圧が高くなる、頭痛等があらわれる

 肝機能障害:全身のだるさ、黄疸(皮ふや白目が黄色くなる)などがあらわれる

(2)1ヶ月以上(便秘に服用する場合は1週間)くらい服用しても症状が良くならない場合

3.長期連用する場合には、医師または薬剤師に相談してください。
4.次のような症状があらわれることがありますので、このような症状の継続または増強が見られた場合 には、服用を中止し、医師または薬剤師に相談してください。

 下痢