疲労回復、慢性疲労症候群のことならみやもと薬品店へ。眼精疲労の回復について。
Tel/Fax 0729-54-2155 健康維持本舗 みやもと薬品店 健康維持のことなら健康維持本舗へ サイトマップ

HOME > 健康維持本舗> 眼精疲労と健康維持

眼精疲労と健康維持

杞菊地黄丸JPS 杞菊地黄丸JPS 杞菊地黄丸JPS
杞菊地黄丸JPS ノワールワイド ベッセンアイ錠 Q&Pコーワi

 

目は口ほどにものをいう」目を見ただけで相手の考えていることや、健康状態が分かると言われています。いわば目はあなたの人格そのもの、いつも健康なでいたいものです。

目の生理「五臓六腑の精は皆上がり、目に注ぎ、目系は上がり脳に入る。脳は髄の海たり、髄の精は瞳神たり」

と言われるように目は5臓のいずれにもつながっています。

瞳孔・・・腎   虹彩・・・肝   結膜・・・肺   絡脈・・・心   眼瞼・・・脾

疲れ目には、休憩や睡眠によって回復する目の疲れと、なかなか目の疲れが取れず、目が痛い、目がかすむ、まぶしい、充血する、肩がこる、頭が痛い、吐き気を催すなどの随伴症状がある眼精疲労とがあります。

眼精疲労の原因

  • 目に合っていない眼鏡・コンタクトレンズの使用や、パソコン・メール・読書などによる目の筋肉(毛様体筋)の過緊張、調節機能異常(老眼)など。
  • 眼疾患による乱視・斜視・緑内障・ドライアイなど。
  • 照明(暗すぎる、明るすぎる、コントラスト)などの環境要因。
  • 仕事による過労や、精神的なストレスなどの心的要因。
  • 五十肩や頸椎症などの整形外科的要因。
  • 過労・糖尿病・高血圧・蓄膿症・栄養不良など体の状態が悪い。

眼精疲労の回復と健康維持

  • 他の病気が原因の場合は、その病気を治療する。
  • 視力に合っていない眼鏡やコンタクトレンズを矯正する。
  • 目を休ませる。
  • 遠くを見る(近くを見ると目の筋肉が緊張するため、遠くを見ることで筋肉を休ませる)。
  • 疲れを感じるときは、休憩を入れる。
  • 手のひらで目を温める(目をリラックスさせる効果がある)。ただし、目に炎症があったり、充血しているときは冷やす。
  • 目の周囲をマッサージする。
  • バランスの良い食事を心がける。
  • ビタミンAは目の機能粘膜を正常に保つために必要なビタミンと言われる。不足すると、ドライアイや夜盲症、視力低下などを引き起こす。
  • 漢方薬などを服用するのも良いでしょう
ビタミンA

※レバー・卵黄・ほうれん草・うなぎ・にんじん・小松菜などに含まれる(ただしビタミンAは脂溶性ビタミンなので、とりすぎに注意)。

アントシアニン

※網膜に光が映し出されると視細胞野中のロドプシンという物質が変化し、この変化が脳に伝わります。物を見るたびにロドプシンは形を変えますが、わずか1万分の4秒で元の形に再合成されて、次の情報を脳に伝えます。目を酷使するとこの再合成がスムーズにいかなくなりますが、ブルーベリーに含まれるアントシアニンという色素がこのロドプシンの働きを助けると考えられます。

ルテイン

目から入った光は、網膜のほぼ中央にあるわずか1~2mmの組織・黄斑部で像を結びます。この黄班部にはルティンという色素が存在し、有害な光を吸収すると言われています。緑黄色野菜に含まれるカロテノイドの1種です。

ビタミンB群

特に、ビタミンB,B,B12には、目の角膜を正常に保つ働きがあります。また、ビタミンB12は神経の働きを助けます。

 

 

ページの先頭へ