疲労回復、慢性疲労症候群のことならみやもと薬品店へ。店舗案内です。
Tel/Fax 0729-54-2155 健康維持本舗 みやもと薬品店 健康維持のことなら健康維持本舗へ サイトマップ

HOME > 店舗案内

店舗案内

こちらでは、みやもと薬品店店舗についてご案内いたします。

店舗管理者 :宮本 辰紀 登録販売員(登録番号 27-09-00816 大阪府)

みやもと薬品店

〒583-0881
大阪府羽曳野市島泉8丁目16-12
Tel:0729-54-2155
みやもと薬品 MAP

 

 


医薬品について

・ 医薬品は使用上の注意をよく読み用法・用量を守って正しくお使い下さい。

  • 一部の医薬品については、1回のご注文数量を制限させていただいております。
  • 医薬品・医薬品を含むご注文は、営業日のみの出荷とさせていただきます。予めご了承ください。
  • 医薬品のご購入にあたっては、効能・効果、成分内容等を必ずご確認いただくようお願いします。
  • 医薬品のご使用にあたっては必ず、用法・用量をご確認ください。
  • 医薬品のご使用については、商品の箱に記載または箱の中に添付されている「使用上の注意」を必ずお読みください。
  • アレルギー体質の方、妊娠中の方等は、かかりつけの医師にご相談の上、ご購入ください。
  • 医薬品の使用等に関するお問い合わせは、当社薬剤師又は登録販売員がお受けいたします。
  • 販売記録を作成するためなど、薬事法その他法令、ガイドラインに従って個人情報を利用します。
  • 特定販売を行う一般医薬品の使用期限はい年以内のものと致します。
  • お問い合わせ先:健康維持 本舗TEL.072-954-2155 email:info@e-kaihuku.jp

○許可区分  医薬品販売業  (薬事法弟24条弟1項による)

           許可番号 第V00294号 

           氏名    宮本 辰紀

           住所    羽曳野市島泉8丁目16-12

           平成21年11月16日

○特定販売届出に関して  届出年月日:平成26年6月、届出先 大阪府知事

○医薬品販売従事者  薬剤師 宮本美智子 (登録番号 第97980号)

                 担当業務:販売、受注、発送、情報提供、健康相談

                 勤務時間:火曜日・木曜日・土曜日以外の9時〜19時

               登録販売員 宮本辰紀(登録番号 27-09-00816 大阪府)

                 担当業務:保管、陳列、販売、受注、発送、情報提供、健康相談

                 勤務時間:9時〜19時30分

   薬剤師及び登録販売員は白衣を着用し、名札で其々を確認できる。

  業務

   医薬品等の管理
   ・店舗内の医薬品、その他の物品等(医薬部外品、化粧品等)を適正に管理
   ・医薬品と他の物品等(医薬部外品、化粧品等)を区別して貯蔵、陳列
   ・医薬品等が不良品とならないように、遮光、冷所等、適正な保管
   ・設備の不備等、問題があった場合、速やかに改善を促す
   ・不良品、不正表示品(例;有効期限切れ、表示不備品等)を発見し、処分する
  適正な使用のための「情報提供」業務
   ・購入者の顔色等を見ながら、購入者の求めている医薬品が、不適当ではないかどうか判断
   ・医薬品を適正に使用するための服薬指導、情報提供を実施
   ・医薬品の購入者ごとに提供すべき情報の範囲を判断
   ・医薬品の購入者から、医薬品副作用の苦情や相談を受付
   ・一般用医薬品で対応できないと判断した場合、医療機関への受診を勧める
   ・コミュニケーションを通じ、副作用相談など、購入者のアフターケアを実施

○取り扱い医薬品の区分  第2類医薬品・指定第2類医薬品・第3類医薬品

○営業時間  店舗販売及び特定販売は 月曜日を除く(月曜休日)9時〜19時30分

         但し サイト販売では 営業時間以外メールでの注文のみ受け付けています。

○相談時及び緊急時」の連絡先  電話072-954-2155 メールアドレス info@e-kaihuku.jp
○要指導・第1類〜第3類の定義と解説

  ・要指導医薬品・・・副作用により日常生活に支障を来たす程度の健康被害が生ずる恐れのある医   薬品のうち、その使用に関し特に注意が必要で、新しく市販された成分等を含むもの

  ・第1類医薬品・・・副作用により日常生活に支障を来たす程度の健康被害が生ずる恐れのある医   薬品のうち、その使用に関し特に注意が必要なもの(要指導医薬品を除く)

  ・弟2類医薬品・・・副作用等により日常生活に支障を来たす程度の健康被害が生ずる恐れのある医   薬品(要指導医薬品、第1類医薬品を除く) 

  ・指定弟2類医薬品・・・第2類医薬品のうち、特に注意を要する医薬品です

  ・第3類医薬品・・・第1類医薬品及び第2類医薬品以外の一般用医薬品です
○要指導・第1類〜第3類の表示

  ・ リスク区分ごとに直接の容器等に次のとおり表示されています。この表示が見えない場合は、外   部の容器等にも記載されています。

  ・要指導医薬品は「要指導医薬品」の文字を記載し、枠で囲みます。

  ・第1類医薬品は「第1類医薬品」の文字を記載し、枠で囲みます。

  ・第2類医薬品は「第2類医薬品」の文字を記載し、枠で囲います。

  ・指定第2類医薬品は「第2類医薬品」の文字を記載し、枠で囲み、さらに「2」の文字を○又は□で囲   みます。

  ・第3類医薬品は「第3類医薬品」の文字を記載し、枠で囲います。

○要指導・第1類〜第3類の情報提供についての解説

  ・リスク区分ごとに、次のとおり薬剤師又は登録販売員が情報提供及び指導を行います。

  ・要指導医薬品は、薬剤師が対面で書面または出力装置の映像面を用いて情報提供及び指導しま   す(義務)。また、薬剤師が相談に応じます。

  ・第1類医薬品は、薬剤師が対面で書面または出力装置の映像面を用いて情報提供及び指導しま   す(義務)。また、薬剤師が相談に応じます。

  ・第2類医薬品・指定第2類医薬品は、薬剤師又は登録販売者が適正な使用のため必要な情報   提供に努めます(努力義務)。また、薬剤師又は登録販売者が相談に応じます。

  ・第3類医薬品は、薬剤師又は登録販売者が相談に応じます。

○指定第2類の販売サイト上の表示等の解説及び禁忌の確認・専門家への相談を促す表示

  ・商品名に[指定第2類医薬品]と記載します。

  ・医薬品購入にあたっての確認事項に、禁忌(してはいけない事)の確認・薬剤師又は登録販売者へ   の相談を促す表示を記載します。

○要指導医薬品一般医薬品の陳列の解説

  ・要指導医薬品は、薬剤師が対面で直接情報提供を行ってから購入頂くために、お客様が直接手に   取れない場所に陳列します。

  ・第1類医薬品は、販売時に薬剤師による情報を適切に行う為、鍵をかけた場所か消費者が直接手   の触れられない場所に陳列します。

  ・指定第2類医薬品は、情報提供の設備から7m以内に陳列し情報提供の機会を高めます。

  ・第2類医薬品は、許可を受けた医薬品売り場に第3類医薬品、又はその他の商品と区別して陳列し   ます。

  ・第3類医薬品は、許可を受けた医薬品売り場に第2類医薬品、又はその他の商品と区別して陳列し   ます。

○副作用被害救済制度について

   医薬品は、人の健康の保持増進に欠かせないものですが、 使用に当たって万全の注意を払っ   てもなお副作用の発生を防止できない場合があります。
   このため、医薬品(病院・診療所で投薬されたものの他、薬局で購入したものも含みます。)を適   正に使用したにもかかわらず 副作用による一定の健康被害が生じた場合に、医療費・医療手当・   障害年金等の給付を行い、 これにより被害者の救済を図ろうというのが、医薬品副作用被害救   済制度です。(救済が受けられない医薬品・副作用があります。
   1)窓口:(独)医薬品医療機器総合機構

  2)連絡先電話番号:0120-149-931

  3)受付時間:月〜金曜日(祝日・年末年始除)9:00〜17:00

  4)ホームページ http://www.pmda.go.jp/kenkouhigai.html

○苦情相談窓口について

   医薬品の購入や使用等について不都合があった場合には、苦情を申し立てる事ができます。

   苦情窓口は以下に設置してあります。

   藤井寺保険所 生活衛生室薬事課 072-952-6165

 ○販売記録作成に当たっての個人情報利用目的、その他、必要な事項

   ・収集いたしました個人情報は、医薬品適正使用以外の目的では使用いません。

    当店が責任をもって安全に蓄積・保管し、第3者に譲渡・提供する事はありません。  

   ・医薬品の正しい注文方法、正しい使用に努めて下さい

   ・医薬品の中に入っている「添付文書」は捨てないで、医薬品が有る間は保管し、必要に応じて見ら    れるようにして下さい。

   ・医薬品は 使用期限が6ヶ月以上ある医薬品のみ配達させて頂きます。

     

     

     

 

    

    

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ